pixta_77885218_M.jpg
r_2w.png
r_1w.png
r_3w.png
r_4w.png

​名栗ワーケーションのすすめ

都心・池袋駅から電車で最短38分(特急利用)という利便性の良い場所にある森林文化都市・飯能。そこから山間へ向かい車を15分ほど走らせると、そこには東京の源流域ともいえる自然豊かな名栗の風景、清流・名栗川沿いが広がってきます。

アフターコロナを見据え、リモートワークが浸透し、多様性や新しい働き方が求められる昨今、社会的に注目されつつある〝ワーケーション〟(work+vacation)。森、湖、そして温泉、落ち着いた日本の原風景の中で〝暮らすように働く〟スタイル。都会の喧騒の中、満員の通勤電車や狭い会議室、ランチ行列をちょっと一休みして、ここ飯能・名栗で新しい働き方を新しい過ごし方を始めてみませんか?

名栗でのワーケーションスタイルは、オフィスのデスクを単に地方へ移す、そんな発想とは一線を画しています。ワーケーションでは、あなたの中にある潜在的な感性やアイデアが発揮されなければならないはず。もっともっと〝Creative〟であるべきなのだと考えています。エリア全体をひとつのワークスペースとして捉えなおし、そこにある様々な施設や地域資源が、あなたの内面を開花させていくことでしょう。名栗は一歩進んだ〝Art〟と〝Workation〟の融合を目指していきます。いわば、〝森のアーケーション〟。これが名栗スタイル。
それでは、具体的なその魅力をモデルコース・ストーリーの形式で探っていきましょう。

水彩画アーティスト

​特集